音楽専門学校にはどのようなコースがあるのか


アカデミックな音楽系の大学ではピアノや管楽器、あるいは声楽などクラシック中心の授業ですが、流行を牽引している音楽はポップスやロックなどでこれらにまつわる知識は音楽専門学校にて教えてもらうことができます。

ここでは音楽専門学校には主にどのようなコースがあるのかということを紹介します。

まず流行の音楽にまつわる職業のうち人気のある物としては第一にヴォーカリストが挙げられます。

教えて!gooサポートと断言できます。

音楽専門学校ではソロヴォーカルやバンドヴォーカル、あるいはロックヴォーカルやR&Bヴォーカルなどというように、学校により独自のコースを提案しています。

これに次いで人気のあるものとしてはギターやベース、キーボードなどでこれらのコースは各音楽専門学校にほぼあります。

音楽専門学校の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

音楽にまつわる仕事といえばこれら以外にも作詞・作曲、プロデュースあるいはマネージャーといったどちらかというと音楽の仕事の裏方にあたるコースもあり、これらは学校により様々です。これら以外にも音楽業界の裏方にあたるコースとしてレコーディングや楽曲制作などのサウンドクリエイターと呼ばれる職業向けのコースも各学校にそれぞれあります。これらは音楽制作において欠かせない職業ですが、音楽専門学校では更に音楽制作の周辺的な職業のためのコースも用意されています。



その内容はライブハウススタッフ、照明スタッフ、歌唱力・演技力・ダンスなどを含めたパフォーマー、ファンクラブスタッフなど音楽にかかわる幅広いコースが設定されています。